4割以上が「業務上、英語が使えずに困った経験がある」。首都圏のビジネスパーソンに聞いた「ビジネス英語に関する意識調査」

オンライン学習サービスを展開するオンラインスクールは、1都3県在住の通勤に電車を利用しているビジネスパーソン1,000名(男性500名、女性500名)を対象に、「ビジネス英語に関する意識調査」を実施した。期間は2018年8月17日~24日、方法はインターネット調査となる。

『業務上、英語が使えずに困った経験はありますか?』との質問に、45.5%が「ある」と回答。実に、4割以上のビジネスパーソンが、業務上、英語が必要な場面に遭遇し、英語が使えないことにより困った経験をしていることが分かった。

  • ある…45.5%
  • ない…55.0%

次に『あなたは収入UPのために下記の要素は必要だと思いますか?』として「資格取得」「英会話力」「雑学」「副業」「プログラミング能力」の5項目ついて必要かそうでないか訊いている。結果のうち、「とても必要だと思う」と「どちらかというと必要だと思う」の割合を足すと以下の通りとなった。

  • 資格取得…58.0%
  • 英会話力…57.6%
  • 雑学…49.0%
  • 副業…46.9%
  • プログラミング能力…41.7%

注目は「資格取得」と「英会話力」で、ビジネスパーソンの2人に1人が収入アップに必要な要素であると考えていることが分かった。

『あなたは過去1年以内に通勤電車内で勉強した経験はありますか?』との問いに、「ある」と答えたのは半数弱となる44.6%、「ない」としたのは55.4%であった。

  • ある…44.6%
  • ない…55.4%

上の質問で過去1年以内に通勤電車内で勉強した経験が「ある」と回答した人に、『あなたは過去1年以内に通勤電車内でどのような勉強をしましたか?』として、用意された選択肢から複数回答で訊いた。結果は以下の通り。(上位5位まで記載)

1位:自身の会社の業務内容に関連した内容(57.4%)
2位:英語、英会話(35.9%)
3位:趣味に関連した勉強(33.9%)
4位:資格取得のための勉強(国家資格)(29.4%)
5位:自身の資産運用などに関連した勉強(28.7%)

トップ3は「自身の会社の業務内容に関連した勉強」(57.4%)、「英語、英会話」(35.9%)、「趣味に関連した勉強」(33.9%)となった。

2位の「英語、英会話」については、前問で触れた、業務上、英語が使えずに困った経験がある層や、収入アップの為には英会話力が必要と考えている層が、電車内でこれらの学習をしていると想定される。

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

関連キーワード:

キャリア 給料

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES