ライフハックの小山龍介氏が語る「今」を生き抜くコツ 人生100年時代を生き抜くための「自分OSアップデート」~ロジカルシンキングが通用しない時代に、ビジネスパーソンがすべきこと~


先の見通しが極めて困難な「VUCA」(※)の時代。世の中が指数関数的に変化する中、人生100年時代をいかに輝き続けるか。ビジネスパーソンにとって、避けて通れない課題だ。 そこで今回、『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』などハックシリーズの著者である小山龍介氏に協力いただき、ビジネスパーソンの「社会生存能力」についてアンケートを実施した。その結果を踏まえた解説と共に、コンセプトクリエイター、大学准教授、学生、アーティストといった多様な顔を持ち多忙な日々をおくる小山氏に、今の時代を生き抜くコツを伺った。※:ブーカ、予測不能な状態を指す


株式会社ブルームコンセプト 代表取締役
名古屋商科大学ビジネススクール 准教授 小山龍介(こやま りゅうすけ)
京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。卒業後、松竹株式会社新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマに広告メディア事業、また兼務した松竹芸能株式会社事業開発室長として動画事業を立ち上げた。2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立し、現職。2018年京都造形芸術大学大学院MFA(芸術学修士)取得。
コンセプトクリエイターとして、新規事業、新商品などの企画立案に携わり、さまざまな商品、事業を世に送り出す。メンバーの自発性を引き出しながら商品・事業を生み出す、確度の高いイノベーションプロセスに定評がある。
翻訳を手がけた『ビジネスモデル・ジェネレーション』に基づくビジネスモデル構築ワークショップを実施、ビジネスモデル・キャンバスは多くの企業で新商品、新規事業を考えるためのフレームワークとして採用されている。
著書に『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』などのハックシリーズ。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』など。最新刊は『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』

ライフハックとは、仕事や生活を効率良く進めるためのコツ

──小山さんは、様々な肩書をお持ちですね。まずはそれぞれどのようなことをしていらっしゃるのか教えてください。

小山龍介氏(以下、小山) メインは、新規事業や新商品開発のコンサルティングです。ワークショップなどを開催し、そこから出てきたアイデアをもとにした事業創造や、商品を開発する支援をしています。
次に、日本遺産プロデューサーです。文化庁のプロジェクトで日本遺産という制度があり、その補助金が支給された自治体にアドバイスを行っています。また、地域活性化の一環として、自社事業として沖縄の焼き物“やちむん”などの雑貨を販売する「ニライカナイ自由が丘」という小売店を運営しています。

3つ目は、名古屋商科大学ビジネススクール准教授。ビジネスモデルを教えています。さらに学生という顔もあって、京都造形大学の博士課程でアートを研究しています。最近、フォトグラファーとしての活動も始めました。他にも、バンドや能も続けています。稼ぎ頭は冒頭に挙げたコンサルティングですが、すべて本気で取り組んでいます。

──限られた時間の中で、小山さんは様々なことに打ち込んでいらっしゃるのですね。多忙な中で「ライフハック」が重要になってくるのだと思いますが、まず小山さんとライフハックとの出会いを教えてください。


小山 MBA取得のためアメリカに留学していた際、シリコンバレーの企業で4カ月ほどインターンとして働いていました。そこで様々な人に話を聞いてみたところ、日本企業とは働き方が全く異なることに気が付きました。シリコンバレーでは、ダラダラ仕事をせず集中する時間と休息する時間をうまく使い分けている人が多いのです。新卒で入社した広告代理店では、長時間労働が当たり前でしたから驚きました。そして、これからは彼らのような仕事の仕方をしなければならないと思ったのです。

その頃アメリカで注目を集めていたのが、「ライフハック」でした。ライフハックとは、仕事や生活を効率良く変えていくためのコツです。これを、日本でも紹介したいと考えました。

──そもそも、「ハック」とはどのような意味なのでしょうか。

小山 IT系の「ハッキング」のイメージから悪い意味で使われがちですが、「ハック」の語源は“その場にあるもので問題を効率良く解決すること”です。例えば、キャンプで椅子がないから、切り株を椅子替わりにする。これもハッキングです。フランスの文化人類学者(クロード・)レヴィ=ストロースは、手元にあるモノを寄せ集めて新しいモノをつくることを「ブリコラージュ」と呼びました。これは、予め仕様を決めて設計をしてモノをつくるエンジニアリングとは対極にあるものです。ライフハックは、手元にある限られた資源で複雑な問題を解決する、まさに現代版ブリコラージュと言えます。

意識的な「締め切りの設定」で、仕事の効率と質を高める

──時間の使い方に悩みを抱えたビジネスマンに対して、「時間ハック」のアドバイスをいただけますでしょうか。

小山 「時間」とは、非常に重要な概念です。古くは、時間は誰に対しても等しく流れているというニュートンの「絶対時間」が常識とされていました。しかし、19世紀の終わり頃、フランスの哲学者アンリ・ベルクソンは、時間というのは人や状況によって感じ方が異なると主張しました。さらにマルティン・ハイデッガー(編注:ドイツの哲学者)は著書『存在と時間』(1927年)で、「死」の先駆的決意性があるからこそ「生」を実感すると述べています。 この思想を時間ハックに置き換えて私が実践しているのが、締め切りを意識的に作っていくことです。漠然と時間を過ごすのではなく、アクティブに活動するためには、締め切りを設定して自分を追い込んでいく。すると、思いがけない発想が生まれたり、集中力が高まったりします。


──確かに、時間を区切ると効率は上がる気がします。しかし、締め切り直前になって焦って仕事に取り掛かると、仕事の質が下がらないでしょうか。

この記事には続きがあります。

会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。

入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。

プロフィールPROFILE

株式会社ブルームコンセプト 代表取締役 名古屋商科大学ビジネススクール 准教授 小山龍介(こやま りゅうすけ)

京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。卒業後、松竹株式会社新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマに広告メディア事業、また兼務した松竹芸能株式会社事業開発室長として動画事業を立ち上げた。2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立し、現職。2018年京都造形芸術大学大学院MFA(芸術学修士)取得。

 

コンセプトクリエイターとして、新規事業、新商品などの企画立案に携わり、さまざまな商品、事業を世に送り出す。メンバーの自発性を引き出しながら商品・事業を生み出す、確度の高いイノベーションプロセスに定評がある。翻訳を手がけた『ビジネスモデル・ジェネレーション』に基づくビジネスモデル構築ワークショップを実施、ビジネスモデル・キャンバスは多くの企業で新商品、新規事業を考えるためのフレームワークとして採用されている。

著書に『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』などのハックシリーズ。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』など。最新刊『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』

関連キーワード:

小山龍介 ライフハック

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES