今どきシニアのお金事情、「シニア割」活用でプライベートを楽しむ傾向

厚生労働省の公表する「平成29年簡易生命表」によると、2017年の日本人の平均寿命は女性が87.26歳、男性が81.09歳でいずれも過去最高を更新した。かつては60歳が定年で退職後世代と呼ばれていたが、時代は変わり60代はまだまだ現役で働く人が増えている。

今回、あおぞら銀行は2018年6月、シニア世代のコアとなる全国55〜74歳の男女2,071人(平均金融資産額は、50代後半1,407万円、60代2,141万円、70代前半2,022万円)を対象にお金に関するアンケート調査を行った。その結果が当記事で紹介する「シニアのリアル調査2018」である。これをもとに、同社の定義する「Brilliant60s」(ブリリアント・シックスティーズ:“輝ける60代”)のマネー事情(孫へのお年玉・へそくり・配偶者へのプレゼント・シニア割利用)から、アクティブシニアの暮らしぶりに迫ってみたい。

孫へのお年玉は平均7,700円

2018年調査でのお年玉の全体平均は7,700円となり、前年比で400円減となった。金額は「5,000~10,000円未満」と「10,000~15,000円未満」の金額帯に集中し、これまでの調査(2014年~2017年)と傾向は変わっていない。



※株式会社あおぞら銀行調べ


エリア別に見ると、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)のお年玉金額が8,300円(前年比100円増)に対し、関西(大阪、京都、兵庫、奈良)は7,500円(前年比100円減)であった。2017年に初めて<東高西低状況>となり、2018年はその差がやや広がった。



※株式会社あおぞら銀行調べ


年代に別に見ると、70代前半が8,600円(前年比500円減)、60代が7,600円(前年比200円減)、50代後半5,300円(前年比1,600円減)で、50代後半が2017年から大幅に減少している。



※株式会社あおぞら銀行調べ

シニアの“へそくり”事情、平均額は80万円

調査ではシニアのへそくり事情も調べている。結果では、シニアの43.3%は「へそくりがある」と答えており、そして、女性のほうがその割合が高かった。



※株式会社あおぞら銀行調べ


へそくり金額について、掘り下げて、全体の平均金額は80万円(前年比19万円減)で、男性は63万円(前年比5万円増)、女性は96万円(前年比42万円減)と、“へそくり”額も女性の方が約1.5倍と高くなっていた。また、理想の金額について尋ねたところ、全体の平均は273万円との回答を得た。理想と実態の金額には乖離があるようだ。



※株式会社あおぞら銀行調べ

70代前半では半数以上がシニア割を利用

社会の高齢化に伴い、シニア向けの割引や特典サービスは増えている。利用したことのあるサービスでトップだったのは「映画」が全体で44.6%と半数近くが利用していた。続けて「レジャー」(28.8%)、食事(24.9%)と続く。いずれも男性よりも女性のほうが積極的に利用していることが分かった。



※株式会社あおぞら銀行調べ


年齢別に見ると、シニア割を積極的に利用しているのは「70代前半」で、50.1%と半数を上回る。「60代」は47.2%、「50代後半」では33%となる。年齢が高いほど利用経験も高くなっている。その理由の1つとして、70歳以上は多くのサービスの対象年齢となるため、お得な特典を利用し、余暇を楽しむことが習慣化しているのではないかと推測される。



※株式会社あおぞら銀行調べ


これらの結果から、50代後半~70代前半のシニアは、これからの長寿に向けた老後の蓄えや、孫やパートナーといった大切な家族への贈り物のお金、自身の自由になるお小遣いなどを日々管理しながら、プライベートを充実させている様子が明らかになった。


この記事が役に立ったら「シェア」お願いします。

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

コメントCOMMENT

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

関連キーワードRELATED KEYWORD

ライフスタイル

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES

受付中のアンケートSURVEYS