休日はリフレッシュに充てている人が7割、理想はリア充!?

欧米に比べると休みにくい風潮があると言われている日本ですが、働き方改革関連法のひとつとして、2019年4月から「有給休暇」が義務化されました。「働き方改革」と同様に「休み方改革」も官民一体となって推進されてきていますが、実際のところ皆さんは有意義な休日を過ごすことができているのでしょうか。2019年1月15日~2月19日まで「休日の過ごし方」についてアンケート調査を行いました。


休日は約7割の人がリフレッシュに充てることができている


最初に、『あなたは休日を「リフレッシュ」に充てていますか?』という質問をしてみたところ、「やや充てている」が41%、「とても充てている」は32%という回答結果でした。回答者は概ね休日をリフレッシュに充てることができているようです。ただし、メーカーと非メーカー別で見ると、前者では「あまり充てていない」と「全く充てていない」の合計が19%なのに対して、後者では31%と若干高くなっています。


理想的な休日はやっぱり「リア充」、 副業解禁で副収入もゲット?


次に、『理想的な休日の過ごし方について、あてはまるものを全てお選びください。』と尋ねたところ、「趣味に没頭する」が73%でトップ。次いで「体を動かす(散歩・スポーツなど)」の63%でした。以降、「旅行する」が55%、「美味しいものを食べる」は53%という結果に。比較的、プライベートのリアルな生活が充実する「リア充」を求める人が多いようです。また、「好きなだけ寝る」が45%いる一方で、「勉強する」43%、「兼業/副業」14%という回答もありました。働き方改革によって残業が減り、副業も原則自由となった今後は、自己投資と副業を考える人がさらに増えていきそうです。


すでに理想の休日を過ごす人もいる一方、新しいことにはこれからチャレンジ


では、理想に対して現実はどうでしょうか?『実際の休日の過ごし方について、あてはまるものを全てお選びください。』という設問に対しては、40%が「趣味に没頭する」、36%は「好きなだけ寝る」、35%が「体を動かす(散歩・スポーツなど)」と回答。理想の休日の過ごし方がすでにできている人も多そうに見えます。ただし、「兼業/副業」は4%となっており、新しいことを始めるのはこれからという人も多そうです。


多様化するライフスタイルや価値観とともに、休日の過ごし方も多様化してくることが考えられます。そこで、最後にこれからどんどん増えてくるであろう休日の過ごし方について、自由に回答いただきました。


【わくわくする休日】

  • できれば目的を持たずに自由気ままな旅行を楽しみたい(従業員数:300名未満、マスコミ・コンサル)
  • 子供の手が離れてくるので、多彩な趣味・旅行の比率を上げていく予定。(従業員数:300名未満、メーカー)
  • 旅行。国内・海外問わず、行くつもりです。海外の方々が長期の旅行をしているように、日本人ももう少しのんびりした休暇をとった方がいいと思います(従業員数:300名未満、メーカー)


【逆に負担が増えることが心配】

  • 特殊な業務内容であり部下がいないため、今以上に深夜又は休日に業務の遅れを取り戻す状況になると思います。(従業員数:300名未満、メーカー)
  • 休日が増える分、残業が増える。仕事量が変わらないのに、休みだけ増やしても意味がない。働き方改革とは、いったい???(従業員数:300名未満、商社・流通)


【過ごし方は考える必要あり】

  • 休日が増えることは歓迎したいが、その休みを無意味に過ごすならば貴重な人生の時間を無駄にすることになるので、自分の人生をより密度濃く有意義にするために目的と計画を持って過ごしたいと思う。(従業員数:300名未満、マスコミ・コンサル)
  • 人材のモビリティが高まる中、休日をどう使うかが今後のキャリアにより大きく影響していくことは確か。(従業員数:1000名以上、サービス)
  • 金銭消費型の過ごし方では、可処分所得が増えないと引きこもりが増えてしまうと思うので、イベント参加やボランティア等の余暇時間を社会に役立てる方向のコンテンツが増えれば良いなと思います。(従業員数:300~1000名未満、マスコミ・コンサル)


 

【調査概要】 アンケート名称:「休日の過ごし方」に関する調査
調査主体:PRO-Q編集部(ProFuture株式会社)
調査期間:2019年1月15日~2月19日
調査媒体:アンケートメディア ビズPRO-Q

※本レポート内容は、会員の皆様の活動に役立てるために引用、参照をいただけます。その場合、下記要項にてお願いいたします。
1)出典の明記:「アンケートメディア ビズPRO-Q(ProFuture株式会社)」
2)当ページのURL記載、またはリンク設定
3)PRO-Q運営事務局へのご連絡
・会社名、部署・役職、氏名、連絡先
・引用先名称(URL)
・目的

Eメール:support@pro-q.jp


この記事が役に立ったら「シェア」お願いします。

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

コメントCOMMENT

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

関連キーワードRELATED KEYWORD

ライフスタイル

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES

受付中のアンケートSURVEYS