ベストセラー『ビジネスモデル全史』『戦略子育て』著者の三谷宏治氏インタビュー 第2回:イノベイティブなプロジェクトに真に必要な人材タイプは? ~アンケート「あなたのイノベーター・タイプは?」結果分析~


9月にスタートした、経営のプロが聞くアンケートメディア「PRO-Q」では、著名人アンケートと称して、さまざまな識者によるアンケートを実施している。 その第一号が、『経営戦略全史』『ビジネスモデル全史』の著者である三谷宏治氏だ。 三谷氏にご協力いただき行ったアンケートのテーマは、「あなたのイノベーター・タイプは?」。その集計結果から、三谷氏の考察を伺った。



K.I.T. 虎ノ門大学院 教授
三谷 宏治(みたに こうじ)
1964年大阪生れ、福井で育つ。東京大学 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括。2006年からは特に子ども・親・教員向けの教育活動に注力。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授の他、早稲田大学ビジネススクール・女子栄養大学 客員教授。放課後NPO アフタースクール・NPO法人 3keys 理事を務める。『経営戦略全史』(2013)はビジネス書2冠を獲得。永平寺ふるさと大使。3人娘の父。

経営者の生の情報をつかむ価値


――三谷さんには、「PRO-Q」が立ち上がる前より興味を持っていただいております。その理由を伺えますでしょうか?
三谷宏治氏(以下、三谷) 経営者たちの生の声を聞けると考えたからです。私がKIT虎ノ門大学院で行っているゼミには、20代の若手からベテラン経営者まで様々な院生さんが所属し、それぞれ研究テーマを持って学んでいます。その中に、いわゆるプロ経営者がいて、自分の人脈を駆使して経営者たちにアンケートを行いました。世の中のビジネス調査はそれが企業トップ対象のものであっても、多くの場合総務部などが回答しています。でも、彼の調査ではリアルな人脈を使っているので、色んな経営者たちの生の声が集まった。結果もとても興味深いものでした。キークエスチョンは「MBAは役立つか」で、意外と「役立つ」という回答が多かったんです。ところが、経営者が知っている経営戦略論の知識は意外と古いことや、40代が一番勉強していることが分かったりと、さまざまな発見がありました。そんな事例があったことから、中小企業経営者の知っていることを探ったり、そこから情報発信を行ったりすることの大切さを感じていたんです。

「プロジェクト経験数」×「イノベーター・タイプ」の掛け算で見えてきた意外な傾向とは?


この記事には続きがあります。

会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。

入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!


この記事が役に立ったら「シェア」お願いします。

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

コメントCOMMENT

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。

受付中のアンケートSURVEYS