通勤電車では立っても座っても「情報収集」して過ごす傾向。「通勤電車の過ごし方に関する実態調査」より

株式会社オンラインスクールは、2018年8月、通勤に電車を利用している東京、埼玉、千葉、神奈川在住のビジネスパーソン男女1,000名を対象に、通勤電車の過ごし方に関する実態調査を実施、結果を公表した。

なお男女比は500名:500名、20代から60代以上の5つの年代に分け、各年代200名ずつの均等割付となっている。

■同調査において「通勤電車内で“立っている”時、どのようなことに時間を使っているか」と複数回答で選んでもらったところ、以下が上位3項目となった。

※株式会社オンラインスクール調べ

1位:ニュースサイトの閲覧(32.4%)
2位:特に何もしない(24.7%)
3位:音楽やラジオを聴く(22.3%)

年代別に見ると、各年代の1位は以下の通り。

20代…SNSの利用
30代…ニュースサイトの閲覧
40代…ニュースサイトの閲覧
50代…ニュースサイトの閲覧
60代以上…特に何もしない

また、「通勤 電車内で“座っている”時、どのようなことに時間を使っているか」を、複数回答で質問している。下記は多かった上位3項目。

※株式会社オンラインスクール調べ

第1位:仮眠、休憩(37.9%)
第2位:ニュースサイトの閲覧(36.7%)
第3位:読書(紙の書籍)(26.2%)

年代別に見ると、各年代の1位は以下の通り。

20代…SNSの利用
30代…SNSの利用
40代…ニュースサイトの閲覧
50代…仮眠、休憩
60代以上…読書(紙の書籍)

20〜30代などの若年層は立っていても座っていても、SNSを利用することが多く、50代以上のビジネスパーソンは、着席時は紙の書籍で読書をする人が多い傾向が分かった。

■次に、「あなたは通勤電車内での時間を有効に使えていると思いますか?」と尋ねると、結果は以下の通り。

※株式会社オンラインスクール調べ

・どちらかというと有効に使えていると思う(25.9%)
・どちらかというと有効に使えていないと思う(20.5%)
・全く有効に使えてないと思う(8.9%)
・とても有効に使えていると思う(8.5%)

「とても有効に使えていると思う」と「どちらかというと有効に使えていると思う」と合わせると、34.4%のビジネスパーソンが通勤電車内での時間を有効に使えていることが分かった。

一方で、「全く有効に使えてないと思う」、「どちらかというと有効に使えていないと思う」と回答した、通勤電車内の時間を有効に使えていないビジネスパーソンは29.4%にのぼった。

これを年代別に見ると、次のようになる。

※株式会社オンラインスクール調べ

20代…有効に使えている(44.0%)、有効に使えていない(26.0%)
30代…有効に使えている(36.5%)、有効に使えていない(35.5%)
40代…有効に使えている(30.0%)、有効に使えていない(33.0%)
50代…有効に使えている(29.0%)、有効に使えていない(29.5%)
60代以上…有効に使えている(32.5%)、有効に使えていない(23.0%)
※残る割合は「どちらでもない」と回答

最も通勤電車内での時間を有効に使えていると感じているのは20代のビジネスパーソン。30代のビジネスパーソンは、有効に使えていると感じている割合も高いと同時に、有効に使えていないと感じている割合も最も高い数値を示した。

また、通勤電車内での時間を「有効に使えている」と回答した人に、その理由を複数回答で選んでもらった(上位3位まで記載)。

第1位:日々のニュースなど様々な情報を取得できるから(54.1%)
第2位:読書や音楽など自分の趣味に時間が使えるから(40.4%)
第3位:ビジネスや経済情報など仕事に関連した情報を取得できるから(34.9%)

通勤電車内での時間を有効利用できていると回答したビジネスパーソンは、情報収集や趣味の時間などで通勤時間を有効活用していることが分かった。

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

関連キーワード:

ワークスタイル変革

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES