年代によって分野に対する意識の違い。20~30代は「ESG」に高い関心を抱いている

株式会社日経リサーチは2021年7月26日、生活者金融定点調査「金融RADAR」の「特別調査2021年版」の結果を発表した。調査期間は2021年6月23日~28日で、首都圏40km圏内に在住する20~74歳の男女3,103名を対象に実施。その中で何らかの投資商品を保有している1,797人を対象とした、「ESG(Environment=環境、Social=社会、Governance=ガバナンス)投資への意識」の調査結果から、世代別のESG投資に対する関心や、実際の投資の実態が明らかとなった。

ESG投資に対する関心度合いは年代によって差が

ESGがメディア等で取り上げられることが増え、サステナブル(持続可能)な社会への関心が高まっているが、個人の投資状況に影響はあるのだろうか。

はじめに「ESG投資に興味・関心がある」と回答した人の割合を、年代別で比較した。すると、「20~30代」が37.7%、「40~50代」が28.3%、「60~70代」が30.8%という結果に。ESG投資に対して、若い層がより高い関心を持っていることがわかった。



実際にESGを投資行っているのも若い層が最多。関心の高さが投資行動に反映

続いて、「実際にESGへの取り組みを意識して投資をしている」と回答した人の割合を、年代別で比較した。すると、「20~30代」が26%、「40~50代」が14.9%、「60~70代」が14.8%となった。若い層の関心の高さが、実際の投資行動へとつながっていることがうかがえる。



年代により関心分野が異なる

最後に、「ESG投資に興味や関心がある」と回答した543人を対象に、「具体的にどのような取り組みをしている企業に投資したいか」を尋ねた。すると、全体では「再生エネルギーの利用」、「気候変動への対策」など、「環境(E)分野」への関心が高い結果となった。

年代別の回答を見ると、20~30代では「ジェンダー平等など人権への配慮」や「働きがいのある職場づくり」など、「社会(S)分野」への関心が比較的高い結果に。他方で、60~70代では「社会(S)分野」への関心は低く、「環境(E)分野」が突出していることから、年代によって関心のある取り組みに違いがあることが判明した。




世間ではESGの考え方が浸透しはじめており、個人投資家の間でもそれは同じようだ。特に若い層では、これまでも注目を集めていた「環境分野」だけでなく、「社会的な問題」への取り組みにも注目が集まっている。ESGへの取り組みや発信をする企業は、こうした実態を踏まえて対応してはいかがだろうか。


この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

関連キーワード:

トレンドニュース

アンケート集計結果レポートREPORTS

受付中のアンケートSURVEYS