NTT東日本とIPAが、自宅のPCブラウザから職場のPCにアクセスできる「シン・テレワークシステム」の「HTML5版」を無償提供

東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)と独立行政法人 情報処理推進機構(以下、IPA)は2021年8月5日、両者等が開発した「シン・テレワークシステム」の「HTML5版」について、無償提供を実施すると発表した。自宅端末にアプリケーションをインストールすることなく、いつでもブラウザから職場PCの画面にアクセスが可能になる。

産学連携によりソフト開発、テレワーク環境の拡充へ

NTT東日本とIPAは、新型コロナウイルス感染症拡大を受け、テレワーク環境下においても可能な限り普段通りに活動を継続できるよう、事業支援のため2020年4月21日より「シン・テレワークシステム(以下、本システム)」を無償提供している。本システムは、研究開発中の技術の実証実験を兼ねて、緊急的に提供しているソフトウェアおよびVPN通信システムで、2021年7月末時点で約17万人が利用しているという。

これまでは「Windows OS」のみの対応だったが、「自宅のMacやChromebook等から利用したい」という要望を受け、自宅側端末のOSを問わず、ブラウザからの接続を可能とする「HTML5版」を開発・提供することを決定した。

「HTML5版」には、「NTT東日本 特殊局」と「IPA産業サイバーセキュリティセンター サイバー技術研究室」の他、「筑波大学 OPEN プロジェクト」や「株式会社KADOKAWA Connected」、「ソフトイーサ株式会社」等、ソフトウェアおよび通信のスペシャリストも開発に携わっているという。

なお、「HTML5版」は2021年8月5日より提供を開始している。あわせて、当初は2021年10月31日までとしていた実証実験の期間を、2022年3月31日まで延長することを決定しており、終了の場合は6ヵ月前までに告知するという。

コロナ禍により柔軟な働き方が求められる中、「場所や端末を問わず業務ができるシステム」の構築は喫緊の課題となっている。産学連携により新たなシステム開発がされたことは、今後の課題解決のためのモデルケースとなるかもしれない。


この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS

受付中のアンケートSURVEYS