就活時は「企業選定の条件」として考慮? 22卒4月入社者の約8割がテレワーク勤務を実施中。

株式会社ライボが運営するJob総研は、22卒入社者を対象に実施した「新社会人 テレワーク実態調査」の結果を発表した。調査期間は2022年3月23日~28日で、4月入社の新入社員114名から回答を得た。調査結果から、新社会人のテレワーク実施率や満足度の実態が明らかとなった。

22卒入社の8割弱がテレワーク勤務。そのうち約半数は「週に数回の頻度」を想定

新型コロナウイルスの流行によりテレワークの普及が進む中、2022年4月入社の新入社員におけるテレワーク実施率はどの程度なのだろうか。

はじめにライボが「テレワーク実施率」について調べると、「実施している」が79.8%、「実施していない」が20.2%となった。




「テレワークを実施している」とした回答者に「想定している実施頻度」を聞くと、「週に数回」との回答が49.4%で最も多かった。以下、「フルリモート」が25.9%、「月に数回」が17.6%、「年に数回」が7.1%で続いた。

併せて、「入社日当日の勤務形態」を尋ねると、「出社」が60.5%、「リモート」が39.5%だった。



就職活動時の企業選定で「テレワーク勤務」はどの程度考慮されたか?

続いて同社は、「就職活動時の企業選定の条件としてテレワークを重視したか」を全員に尋ねた。その結果、「こだわっていなかった」が59.6%、「低めの希望条件だった」が8.8%で、合計68.4%が「テレワークを重視していなかった」と判明。このことについて、Job総研は「コロナ禍でリモート授業を経験した世代にとって、テレワークという働き方は“当たり前”となり、就活の企業選定で重要視するほど特別なことではないのかもしれない」と推察している。

一方で、企業選定においてテレワークを「重視した」とした約3割に「その理由」を尋ねたところ、「通勤コストの負担がなくなるため」が43%で最多だった。以下、「生産性がアップするため」が17.7%、「新型コロナの感染リスクを減らすため」が16.5%と続いた。



入社式の参加形態は出社とリモートが半々。研修はリモート参加が多数

さらに、同社は「入社式と研修の参加形態」について調べている。その結果、「入社式の参加形態」については、「対面式」が50%、「リモート式」が50%と二分していた。

また、「研修の参加形態」については、「リモート研修」が68.4%、「対面研修」が29.8%という結果だった。入社式は対面とリモートが半々だった一方で、研修はリモート参加が7割に迫った。



約7割がテレワーク勤務に「満足」と回答。賛成派も9割以上に

最後に、同社が「テレワークの満足度と賛否」について尋ねている。「テレワークの満足度」については、「満足」が36.8%、「やや満足」が34.2%で、合計71%がおおむね満足と感じていることがわかった。一方で、「不満」が2.6%、「やや不満」が7.9%となり、合計10.5%が、テレワークを行う上で何らかの不満を抱えていることが明らかとなった。また、「原則出社なのでわからない」との回答は18.4%だった。

加えて、「テレワークへの賛否」については、「賛成」が68.4%、「やや賛成」が27.2%で、合計95.6%が「賛成派」となっていた。一方で、「反対派」は4.4%にとどまった。




本調査から、22卒(4月入社)のテレワーク実施率は8割に迫り、テレワークでの研修参加率も高いことがわかった。実際にテレワーク勤務の満足度も高く、賛成派の意見も多いことから、今後もこの傾向は続いていきそうだ。


この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS

受付中のアンケートSURVEYS