起業・会社設立時に準備しておきたい必要な5つの印刷物まとめ

「起業」すると決めたみなさんは、起業するために何が必要なのか、リサーチしていることかと思います。
起業・創業後、事業が軌道に乗るまでの期間は、「起業の事前準備をしっかり行ったかによって大きく変わってくる」と言っても過言ではありません。事前の準備がしっかりとできていることで、より早く事業を軌道に乗せられるでしょう。
起業し事業を順調に滑り出す為に、事前の準備は肝心です。その準備の中のひとつに、起業・創業時に必要な印刷物の準備があります。
起業して、スタートダッシュをかける時期に販促・営業ツールが揃っていないということにならないようにあらかじめ必要になる印刷物の手配をしておきましょう。
今回は、起業・会社設立の時に揃えておきたい必要な5つの印刷物を解説します。

起業・会社設立の時に揃えておきたい5つの印刷物

①「名刺」

②「封筒」

③「あいさつ状」

④「チラシ・パンフレット」

⑤「営業資料」

また、印刷以外もありますが、集客や販促が必要な業種は、これらに加えて、以下のツールも必要です。

⑥「ショップカード」

⑦「DM(ダイレクトメール)」

⑧「折り込みチラシ」

⑨「HP(ホームページ)」

⑩「ECサイト(ネットショップ)」

代表的な印刷物の5つについて、それぞれ解説します。

①「名刺」

起業・創業してまず必要になる営業ツールと言えば名刺です。名刺を渡した方の手元にいつまでも残るものですので、印象の良い綺麗な名刺を作成しましょう。

名刺は、いざとなれば数日で出来ると思う方が多いですが、会社名がギリギリで決まったり、まだ事務所などの所在地が確定していないなどの不確定要素があれば、名刺作成に意外と時間がかかります。

また、名刺に入るロゴなどは、イラストレーターに依頼して制作すれば、納品までにはそれなりの時間がかかりますので、時間がかかりそうなものは置いておいて、例えば名前とe-mail、携帯番号だけで先に作成してしまうというのも一つです。

【名刺作成の前に決る項目】

・社名(屋号)

・ロゴ

・メールアドレス

・電話番号

・ファックス

・HPのアドレス(https://xxx.jp)

・会社住所

②「封筒」

会社のロゴ、名刺、ウェブサイトなど「会社の顔」となってくれるものはいくつもありますが、会社の封筒もその中のひとつです。

毎月の請求書の発送や定期的に資料を送付したりするお客様にはもちろん、資料請求への対応やセミナーや展示会での資料送付など、名刺よりも先にお客様と接点を持つこともあります。

市販の茶封筒ではなく、社名やロゴの入ったオリジナルの封筒を作成することで、会社の信用や印象を高める効果があります。

【封筒の種類】

・角形2号(かくがたにごう)

・長形3号(ちょうけいさんごう)

・長形4号(ちょうけいよんごう)

書類送付など事務手続きで、頻度の高そうなものは揃えておきましょう。

③「あいさつ状」

起業・創業のご挨拶に印象的な挨拶状でスタート時期のビジネスチャンスを掴みましょう。

会社を設立したら、知人・友人・これまで取引をした人に挨拶状を出しましょう。挨拶状の送付、会社設立時にしかないチャンスなので、このタイミングを活かしてあなたの会社をアピールできます。

既存の取引先や消費者に良いイメージを持ってもらうことは、業績向上につながります。その意味でも、会社の存在を知ってもらうために挨拶状を出すのが効果的と言えます。

また、挨拶状は、必ずスタート日以前に、取引先や友人の手元に届いていることが大切ですので、発送は、起業日の1週間前には相手の手元に届くように余裕をもって準備しましょう。

④「チラシ・パンフレット」

チラシ・パンフレットは、自社の製品やサービスをアピールするため必要不可欠なツールです。

どの企業もホームページを持つ時代に、紙はいるのか?といった話も出てきそうですが、店頭などに置いてもらう場合や、対面でどのような事業をしているのかを目の前でプレゼンできる強力なツールです。

チラシ作成のポイントはチラシを読んでくれた人にどのようなアクションを取ってもらいたいのかを明確にすることです。

来店数を増やしたいのか、お問い合わせや資料請求を増やしたいのかといったゴール設定が明確になることでどのようなレイアウトにすべきか、どこを目立たせるべきかがはっきりしてきます。

⑤「営業資料」

業種にもよりますが、商品やサービスのプレゼン(営業)をするにあたっては、やはり営業資料が必要です。

内容としては、サービス内容や料金表、契約までの流れ、サポート面、自社と他社の比較等、画像や表、グラフを使って視覚的に受け取ってもらいやすく作成しましょう。

一口に「営業資料」と言っても、簡単なパンフレットから、分厚い提案書まで様々です。また、業種によってはショップカードやチラシと併せたものになるケースもあるでしょう。それぞれの利用シーンごとに、適切な営業資料を準備するようにしましょう。

起業・会社設立時の印刷会社の選び方

名刺やチラシ・パンフレットなどを印刷するときに欠かせないのがネットで注文できるネット印刷のサービスです。

インターネット上で入稿作業が行えて指定先まで納品してくれるネット印刷は、非常に便利です。何と言っても、「安くて」「速くて」「注文しやすい」という3つのメリットが特徴です。

また、注文してから納品されるまでの期間が短く、最短で即日納品を行ってくれる業者もあります。

以下、ネットで注文できるネット印刷のサービスを紹介します。

ラクスル

https://raksul.com/

グラフィック

https://www.graphic.jp/

プリントパック

https://www.printpac.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらの販促ツールやそれに付随する制作物は、起業・開業準備段階だけのものでも準備に時間がかかります。また、その他の準備に注力しなくてはならない時期では、印刷物等は、どうしても後手後手になりやすいものですので、余裕をもって準備しましょう。

また、上記でご紹介した、ネット印刷の会社はたくさんありますが、しっかりと比較して自社に合った印刷会社を選んでみてくださいね。

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

創業/起業・中小企業や個人事業主の経営支援情報サイト クラウドシエンLAB編集部

クラウドシエンLABは、クラウドシエンを提供する株式会社クラウドシエンが運営している公式メディアです。 公的支援(助成金/補助金)に関する情報から、起業/創業時のビジネスの立ち上げ(資金調達・ファイナンス・会社設立)、会計/税務、人事/労務といった日々のバックオフィス業務の効率化をサポートするメディアとして経営者、個人事業主など働くすべての人に役立つ、信頼できる情報を発信しています。

「クラウドシエンLAB」はこちらから

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES