【徹底解説】スタートアップ企業とは?スタートアップ企業ベンチャー企業との違いまとめ

近年、スタートアップ企業が増えてきました。
その背景からもスタートアップという言葉を耳にする機会も増えてきました。
みなさんは、スタートアップ企業の意味を正しく知っていますか?「スタートアップとして起業したい」「スタートアップ企業に就職したい」といった方は少なくありませんが、その意味を正しく知らない人も多いかと思います。

今回は、スタートアップ企業とは?ベンチャー企業との違いなどについて解説します。

スタートアップ企業とは

スタートアップを一言で表現すると、

「新規性のあるビジネスモデルで短期間で急成長しエグジットを狙う一時的な組織」

を指します。

スタートアップは、新規性がありながらも、マーケットにある程度受け入れられると確信が得られたビジネスモデルに対し、事業展開を行います。どちらかというと、日々の安定した収益と長期的な成長を目指すベンチャー企業(スモールビジネス)とは大きな違いがある。一般的に、創業から2年から3年程度の起業を指すことが多いです。

最近は日本でもよく用いられるようになりましたが、元々はアメリカのIT関連企業が集まるシリコンバレーで使われていた言葉です。その背景からもスタートアップ企業はインターネット関連企業などテクノロジーを活用する企業が多い傾向にあります。

基本的には、Jカーブを描いて成長する収支計画を策定しており、新規性のあるビジネスモデルを確立(プロダクト・マーケット・フィット)させるまでに、サービスの開発資金がかかるため、まだ採算性の取れるかどうか曖昧な期間においての資金調達の手段として、銀行の融資ではなく、VC(ベンチャーキャピタル)やエンジェル投資家からの資金調達を基本としています。

スモールビジネスの企業評価は、年商が分かりやすく評価されますが、スタートアップの企業評価は、バリュエーションという、投資の価値計算や、事業の経済性評価で判断されます。

また、資金調達した資金を、成長の為に一極集中するため、予定のマイルストーンやKPIを達成できないと企業価値が下がり、ダウンラウンドなど、次の調達が難しくなるのもスタートアップの資金面の課題です。

スタートアップの特徴として、急成長を目指すため、Jカーブを描きやすいビジネスモデルを選択する事が多く、画期的なアイデア(アプリやシェアリングエコノミーなど)に基づくものや、IT分野(AIやIoT、ドローンなど)や高いテクノロジ(ロボティクス・バイオ分野)が多く散見されます。

また、ビジネスモデルに新規性があるだけでなく、「イノベーション」や「社会貢献」「マーケットサイズの大きさ(収益の大きさ)」を重視し目的にしているかというのがスタートアップ企業と名乗るための条件でしょう。

よくある誤解・スタートアップとスモールビジネスの違い

その前に、まず海外(シリコンバレー)で考えられているスタートアップの定義から始めましょう。

なぜなら、スタートアップという言葉は、日本では誤解されていると思われることが多いからです。実はスタートアップとは、直訳した「始まったばかりの会社」のことではありません。

ポール・グレアムのエッセイの1つに「Startup = Growth」というものがあり、「スタートアップはスモールビジネスとは違う、それはずっと成長を維持する」という話があります。スタートアップの認識はここに凝縮されているといっても過言ではありません。

具体的には足し算で増加する成長か?週次5%での成長か?

上記のような成長を可能とする会社をスタートアップと呼び、逆にそうでない場合は、大抵スモールビジネスと呼びます。

つまりスタートアップとは、最近新しく会社を起業したものではなく、将来的に非常に大きな成長を続けていくことができる会社の形態をいいます。この急成長は、既存のビジネスではなかなか実現できない為、全く新しいビジネスを生み出す必要があります。

以下のような事が可能な会社がスタートアップに該当するといえます。

・イノベーション(新しいビジネスモデル)を生み出す

・多くの人々の大きな問題・課題を解決することができる

・スケーラブルな製品を提供する(インターネット/ソフトウェアなど)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スタートアップは、次世代を担う新たな商品・サービスを開発し、高い成長を目指す必要があります。

そのため、スタートアップに関わる人たちは、高い知識や経験・技術が求められ、目標や理念に従う考え方をもたなければなりません。スタートアップ企業を目指し起業するもしくは、働くこと、いずれにしても、自己の成長を加速させ、目指すキャリアパスを実現できるチャンスです。

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

創業/起業・中小企業や個人事業主の経営支援情報サイト クラウドシエンLAB編集部

クラウドシエンLABは、クラウドシエンを提供する株式会社クラウドシエンが運営している公式メディアです。 公的支援(助成金/補助金)に関する情報から、起業/創業時のビジネスの立ち上げ(資金調達・ファイナンス・会社設立)、会計/税務、人事/労務といった日々のバックオフィス業務の効率化をサポートするメディアとして経営者、個人事業主など働くすべての人に役立つ、信頼できる情報を発信しています。

「クラウドシエンLAB」はこちらから

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES