女性の副業に関する意識調査。副業を持つ理由と人気の職種とは

株式会社シューマツワーカーは2020年2月、「女性の副業に関する意識調査」の結果を発表した。関東在住で正社員として働く20~40代の女性200名を対象としたもので、調査期間は2020年1月17~20日。これにより、副業への関心や理由など働く女性たちの本音が明らかになった。

4割以上の女性が「副業に興味あり」と回答

「働き方改革」の一環として推進されている「副業・兼業」。容認する企業も増えているなか、実際に副業をしている女性はどれほどいるのだろうか。最初に、「現在副業をしているか」を尋ねると、「している」は18%と全体の2割以下にとどまった。一方で、「していないが興味はある」は43%にのぼることから、女性の副業への興味の高まりがうかがえる結果となった。


副業で人気の職種は働き方を選択できるIT関連業務

次に、現在や過去に副業経験のある女性を対象に、従事したことのある副業の種類について聞いた。その結果、「事務」が28%、次いで「接客」が24%という結果だった。また、「エンジニア」(9%)や「デザイナー」(7%)など、IT関連業務を副業としておこなっている人が合計で約25%にのぼり、時間や場所など、働き方が自由に選択しやすいことから、副業との相性がよいことが推測できる。


一方で、「その他」の回答が44%と最も多く、現在、副業に選ぶ業務の種類は細分化していることがわかった。



副業をする理由は「収入」がトップに

続いて、副業をする理由について尋ねると、最も多い回答は「お金が欲しい」で80%。次いで、「時間が余っているから」が20%、「副業が流行っているから」が14%となった。「働き方改革」により女性の労働環境が改善され、余暇を有効に使いたいと考える人が増加傾向にあるようだ。


副業が気分転換に。副業のよさとして「ストレス解消」との回答も

次に、副業をしてよかったことについて聞くと、約半数の48%が「年収が上った」と回答。このほか、ポジティブな回答としては、「新しいスキルが身についた」が17%、「ストレス解消になった」が15%という結果だった。一方、「よかったと思うことがない」が24%いることから、副業に対してネガティブなイメージをもつ人も一定数いるようだ。



副業の大変さは自由時間の減少や体調管理

また、副業の大変さについて聞くと、「自由時間の減少」が最も多く40%、「体力的につらい」が37%と続いた。本業と両立して副業をおこなうためには、効率的なスケジュール管理や体調管理の能力が必要となりそうだ。



5割以上が副業収入は「5万円未満」と回答

最後に、副業での1ヵ月の平均収入について尋ねると、「5万円未満」が53%と最も多かった。次いで、「5万円~10万円未満」が24%という結果に。毎月一定額の副収入を得ることで、生活や気持ちにゆとりをもつことができる女性がいるということだろう。



副業をすることで、さまざまなメリットを感じる従業員は多い。企業においても、従業員に好影響をもたらす副業のあり方を考え、本業に支障のない範囲で「副業可能」の規則を取り入れてみてはどうだろうか。

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES